2010年03月29日

主人公は僕だった


この映画、何となく見に行った程度の映画でしたが、意外に面白い映画でした。

あらすじは割合ありがちな内容で、突然自分の人生を描写する謎の声に悩まされる主人公が悪戦苦闘するというもの。仕事に悩み恋に悩み、そして・・・その声の主を突き止めたときにストーリーは少々シリアスな内容になっていきます。

映画紹介番組でストーリーは知っていて、もっとコミカルな映画と思っていましたが、見方によってはなかなか深い映画でした。まぁ、確かに途中、冗長で退屈な展開もありますが、そこに登場する(主人公以外の)人物の心理を想像すると、ほんのチョイ役のバス運転手の女性の思いも読み取ろうとするといろいろな見方ができます。

特に「声の主」の正体とその人物の心情(”彼女”のそれまでの行いも、もしかしたら同じことが過去にあったのではないか?などを考えると・・・)、そして最後の選択など、もちろん予想できそうな内容でもありますが、期待しなかった割には面白い映画でした。



楽天でさがす
posted by Elwood at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想外に面白かった映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

フォース・カインド

この作品は厳密に言えば「オチががっかりだった映画」ってカテゴリに入れるかどうか迷いました。と言うのも、「オチ」だけではなく「全て」がガッカリだったもんで。

かなり辛辣な事を書くと同時にネタバレがあるんで以下の文章はお気を付けを。



このブログで紹介する映画の中では比較的新しいものですが、単刀直入に言いますと私にとってはこの映画、時間とお金のムダ&嫌な後悔が残っただけ。と言うか、映画といっても良いの?って気すらしましたが、この映画を評価している人の感想の中にはエイリアン・アブダクション(いわゆる宇宙人による誘拐事件)は看過できない問題などと書いてるものもある。

ドキュメンタリーを装ったタイプの映画なのでこれをマジで信じてしまった人もいるようですが、映画の内容はこんな感じです。

心理学者がカウンセリングした患者がみんな同じような証言をする。催眠療法でその原因を探ると、そこには驚愕に事実が!って話ですが、要はエイリアンがからんでいたってもの。ただし「実際の映像」との触れ込みの映像もわざとらしくノイズを入れ、見難いったらありゃしないし、結局何が言いたいのかわからないのはドキュメンタリー(を装っている)故か?

私が持論としてよく使う「人はあらゆるストーリーに接した時、最初は無意識にそのストーリーが現実か空想かを手探りしながら判断する」わけで、その結果、空想と判断した私には眠くなるだけの映画だったのかもしれません。昔、遊園地の「ビックリハウス(部屋が回転しているように見えるアトラクション)」で、自分の乗っているベンチがブランコになっているのが見えた途端、一瞬で面白くなくなったのを思い出した。

これ、ホントにドキュメントって思ってる人がいるようだし、そうだとしたら問題だな。

見る価値なしで、逆に5,000円くらいお金をもらうなら我慢してみるレベル。オチで大逆転があるなら・・・と期待してみた自分が悲しい。


楽天でさがす

2010年03月14日

コンドル

これは本当に予想外でした。

私が最初にこの映画を見たのはテレビ放送で、リアルタイムで見られなかったんで何気なくビデオに録画していました。しかし、今考えてもなぜ録画までしてみようと思ったのか不思議なくらいな程度の興味でしたが・・・後で観て驚きました。スパイ映画の中でもトップクラスの作品です。

内容はCIAの末端組織に所属するターナー(ロバート・レッドフォード)が昼食から帰ると事務所の仲間が惨殺されている。彼の仕事の内容は完全に事務職で雑誌や小説、新聞などの内容にCIAの機密が漏れている可能性がないか査読すると言う、とてもじゃないが命を狙われるような立場じゃない。しかし、彼はその事件の犯人の濡れ衣を着せられてしまいます。

 やがて彼も命を狙われますが、武器を片手に銃撃戦なんて縁の無い生活を送っていた彼には、それまでに蓄積した知識を武器に生き延びます。そして誰が味方で誰が敵で、何を信じ何を疑うべきかも分からなくなっていきます。


 そしてラストシーン。もちろんネタバレになりますので詳細は書けませんが、対峙するターナーと黒幕との最後のやり取りは(私個人の意見として)映画史上に残る名ラストシーンだと思います。

ぜひご覧ください。


楽天でさがす
posted by Elwood at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想外に面白かった映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。