2010年04月11日

アンブレイカブル

この映画、予告編などを見てかなり期待していた。131人の使者を出した列車事故、その中でたった一人、かすり傷一つ負わずに助かった主人公、デイヴィッド。なぜ彼は助かったのか?なぜ傷一つ負わなかったのか?

「謎はまだ解かれていない」

何が映画を通じて謎が謎を呼ぶと言う展開を期待していましたが、時間が経つにつれてドンドンとストーリーが尻つぼみするようで、私が期待した「謎」とは程遠い・・・と言うか、謎ってどこ?と言いたくなるような展開。

結局、作品を通じて何が表現したかったのか?まったく伝わらなかった映画でした。

まぁ、紹介の文章もこの程度で広がらなかったって事もこの作品の程度が分かると思いますが・・・えっ?監督はM・ナイト・シャマラン?この前「サイン」でボロクソに書いた監督でしたねぇ(笑)。


私とは相性が良くないのかなぁ・・・





楽天でさがす

2010年03月21日

フォース・カインド

この作品は厳密に言えば「オチががっかりだった映画」ってカテゴリに入れるかどうか迷いました。と言うのも、「オチ」だけではなく「全て」がガッカリだったもんで。

かなり辛辣な事を書くと同時にネタバレがあるんで以下の文章はお気を付けを。



このブログで紹介する映画の中では比較的新しいものですが、単刀直入に言いますと私にとってはこの映画、時間とお金のムダ&嫌な後悔が残っただけ。と言うか、映画といっても良いの?って気すらしましたが、この映画を評価している人の感想の中にはエイリアン・アブダクション(いわゆる宇宙人による誘拐事件)は看過できない問題などと書いてるものもある。

ドキュメンタリーを装ったタイプの映画なのでこれをマジで信じてしまった人もいるようですが、映画の内容はこんな感じです。

心理学者がカウンセリングした患者がみんな同じような証言をする。催眠療法でその原因を探ると、そこには驚愕に事実が!って話ですが、要はエイリアンがからんでいたってもの。ただし「実際の映像」との触れ込みの映像もわざとらしくノイズを入れ、見難いったらありゃしないし、結局何が言いたいのかわからないのはドキュメンタリー(を装っている)故か?

私が持論としてよく使う「人はあらゆるストーリーに接した時、最初は無意識にそのストーリーが現実か空想かを手探りしながら判断する」わけで、その結果、空想と判断した私には眠くなるだけの映画だったのかもしれません。昔、遊園地の「ビックリハウス(部屋が回転しているように見えるアトラクション)」で、自分の乗っているベンチがブランコになっているのが見えた途端、一瞬で面白くなくなったのを思い出した。

これ、ホントにドキュメントって思ってる人がいるようだし、そうだとしたら問題だな。

見る価値なしで、逆に5,000円くらいお金をもらうなら我慢してみるレベル。オチで大逆転があるなら・・・と期待してみた自分が悲しい。


楽天でさがす

2010年02月07日

サイン

先日、こんな記事がありました。


メル・ギブソン、『サイン』で役者としての自信をなくし、その後の映画出演を断念
http://www.cinematoday.jp/page/N0022038

そう、今回は2002年にM・ナイト・シャマラン監督の「サイン」を紹介します。

この映画、予告編ではかなり期待をしました。亡くなった妻と信仰を捨てた牧師、謎のメッセージとミステリーサークル…こりゃ私の様な超常現象好きには期待しないほうがおかしいって。

ワクワクしながら当時付き合っていた彼女と行ったのですが…もう脱力モノ。一応、宇宙人の侵略モノの映画ですが、いったい何を表現したいのかも分からないし、ストーリーもつじつまが合わない。子供の絵本に書かれていた方法で宇宙人対策をして、どうやらそれが功を奏しているみたいだったし、宇宙人から逃れるために家の地下室に篭城したり。

この先、ネタバレですんで申し訳ない。

挙句の果てには人間を襲おうとする宇宙人、なんと弱点は…水。アホか!

その水が弱点の宇宙人が防水スーツみたいなモノも着ずに?水の惑星に?しかも水分が70%を占めてる人間を襲う?宇宙空間を航行してくるくらいの科学力があるのにバットで殴られて退散?壮大な星間戦争に発展するかと思ったらお茶の間でバット振り回して水かけたら終わり?

しかもミステリーサークルの謎ってのもストーリー中盤で分かることだし、水が弱点ってのも最後に分かるって事でも無いし。結果、一番盛り上がらないといけない終盤がグダグダ。

まぁ、「一番くだらなかった映画は?」と聞かれて即答できる映画ができたことだけが収穫です(笑)。




楽天でさがす

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。