2010年01月24日

ボーン・アイデンティティー

この映画、シリーズモノの第一弾…って事はそれなりに人気があったからでしょうし、けっこうファンの方が多いんでこのカテゴリーで紹介するのは非常に心苦しいんですが…やっぱり個人的には「オチががっかりだった映画」となります(汗)。


あらすじは海上を漂う記憶をなくした男が漁船に救助されます。その男はマット・デイモン演じる主人公、ジェイソン・ボーン。彼は自分の持ち物を元に失われた記憶を取りもどそうとし、貸金庫からわずかな手掛かりを入手した途端、命を狙われます。が、その刺客の攻撃に順応し、反撃の出来る自分に戸惑いながらも逃亡を続けます。

自分は何なのか?なぜ命を狙われるのか?


ここまではまずまずの流れでしたが…この映画は劇場で見たのですが、実は以前に紹介した「カンパニーマン」を見て脱力し、口直しのつもりでみたのですが「私は誰?」系の映画で2連敗!もの凄く疲れた一日でした。

個人的には…ネタバレになりますが、主人公の正体からして、彼が記憶を無くすきっかけになったシーンであんな失敗をするか?(つまりは、その失敗と言うか躊躇と言うか…そのおかげで海に放り出され、記憶を失う結果となるんですが)

まぁ、映画にあまりリアリティを求めてはいけませんが、マッド・デイモン演じる主人公は(なるべくネタバレを防ぐのにこう言う言い回しになりますが)その仕事のトップクラスのプロと言う設定からして、個人的にはそのミスが「なんだかなぁ…」って感じになり、私の思うとおりに「仕事を完遂する」となるとストーリーの根幹からひっくり返ってしうし(笑)。

その部分に引っ掛かりがない人には面白い映画かもしれませんが。



楽天市場でさがす

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。