2009年12月26日

新・刑事コロンボ/汚れた超能力

私、超常現象を懐疑的に紹介しているサイトの管理人と言う一面も持っていますが、その感覚から言えば非常に頼もしい(?)内容のはずですが…まぁ、ストーリーはこんな感じです。

エリオット・ブレークは超能力者を自称するインチキマジシャン。ESPテストで超能力を実証し、軍部に売り込みをかけようとしますが、その検証を一人のマジシャンが行ないます。もちろん結果はマジシャンにインチキを見抜かれ…というストーリー展開を予想したんですが、実験は成功してしまいます。


そしてそのテストをプロデュースしたマジシャンは自作のギロチンマジックの仕掛けで誤って命を落としてしまいます。そしてその死を不審に思ったコロンボが捜査に乗り出しますが…

作中で何度もマジックのタネアカシが行なわれそうになりますが、ストーリーのキーとなる超能力検証で行なわれたトリックのみで止まっています。コロンボが捜査の過程でマジシャンやマジックショップの店長らに必要に駆られてタネを尋ねますが、誰も答えなかったり。

ただ、捜査のきっかけとなったギロチンのマジックに関して見る側へのタネアカシは行なわれませんでしたが、コロンボの事件解決の方法としてはちょっと…。

コロンボ・シリーズでのクオリティーはかなり低い方。扱っているテーマは非常に面白いのですが、「トリック&マジック」もしくは「超能力暴き」なんかのテーマなら、日本のドラマ「トリック」や「ガリレオ」の方が出来がいいですねぇ。まぁ、こんな比べ方をすべきではないでしょうが。





楽天市場でさがす

posted by Elwood at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マジックが関わる作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136648308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。