2009年12月01日

刑事コロンボ/魔術師の幻想

新たな映画のカテゴリー、「マジックが関わる作品」の第一弾です。

とは言え「映画」のカテゴリーとしておきながらドラマですが、TVドラマシリーズの金字塔とも言える「刑事コロンボ」のエピソードの一つ「魔術師の幻想」を紹介します。

魔術王サンティーニはかつてナチスの親衛隊に所属し、ユダヤ人虐殺に関わった過去があり、その秘密を彼の雇い主に知られ強請られます。もちろん刑事コロンボですから、サンティーニは雇い主を殺害しますが、そのアリバイ作りのトリックにマジックのネタを用います。

このトリックの一つは作中でコロンボも解き明かすものですが、このドラマを最初に見たのはまだ小学生の頃だったかなぁ?控え室にサンティーニが居るように思わせるトリックはすぐに分かり、家族を驚かせたのを良く覚えています。(だからこそ印象に残っている作品でもあります)

そしてこの作品もマジックと種明しがワンセットとなっている作品ですが、種明しを毛嫌いするマジックファンにも好意的に見られる作品だと思います。



楽天市場でさがす

posted by Elwood at 23:37| Comment(1) | TrackBack(1) | マジックが関わる作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおコロンボだー<挨拶
某所の告知から流れてきましたコンニチワ。
以後よろしうに。

コロンボシリーズは
最近某所のAA長編まとめブログで作品斜め読みしてますが
今見ても色あせない面白さがあると思われます。
古畑任三郎好きなら是非。というかドウ見てもオマージュなので(笑)
#というかAAブログ次回この魔術師ネタだったような気がする
Posted by 埆形 at 2009年12月09日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

魔術師の幻想
Excerpt: アメリカでは「元ナチス」というだけで、反射的に「悪者」と判断する傾向があるのでしょうかね。この作品では、そんな「心理」が利用されている気がします。
Weblog: 映鍵(ei_ken)
Tracked: 2010-05-23 20:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。