2009年12月01日

このカテゴリについて(2)

映画には思ったほどマジックが関わる作品が多くないと感じています。

と言うのも、映画の映像自体が編集などが可能なため、マジックの根本的な魅力である“不思議”がスクリーンではかすんでしまう。言い換えると、マジックの魅力は映画では伝えにくいからではないか?とも感じます。

逆にトリックをテーマに推理(もしくはミステリー)映画を作成した場合、最後にはそのトリックを晒すことになります。つまりはマジックからするとご法度の「タネアカシ」でしかありません。

マジックとしての魅力は伝わりにくい上に、必ず少なからずはタネアカシがワンセットになるマジックをテーマにした映画。かなり数は少ないので映画に限らず、ちょっと幅を広げてドラマなども紹介したいと考えています。


posted by Elwood at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マジックが関わる作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134435520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。