2009年11月24日

このカテゴリについて(1)

最近ではプロレスは演出も込みで語られることが多く、真剣勝負の世界では必ずしも最強の存在とは言えないプロレスラー。しかし、他の格闘技と大きく違って重宝がられるのは「見た目に強そう」というポイントです。

言い換えると、プロレスラーこそ映画の演出で「やられ役」にうってつけな存在はありません。

身長2メートル近い大男が筋肉を見せつけ、主人公やヒロインに襲い掛かるシーンはそれだけで絵になります。しかし、窮地に追い込まれた主人公は必ずその大男を叩きのめします。

そんな役に徹する事の出来るプロ。これこそ映画に要求されるプロレスラーの存在意義とも言えるでしょう。

プロレスラーが出演する映画。まず間違いなく格闘シーンが出てくる映画ばかりですが、このくくりで映画を紹介するカテゴリーだと思ってください。


ということで、今日はこのカテゴリーの追加を報告します。

ラベル:カテゴリ説明
posted by Elwood at 00:23| Comment(0) | プロレスラーが出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。