2009年12月05日

ゼイリブ

プロレスラーの出演した映画としては代表的な作品。と言うのも、主演がプロレスラーであるロディ・パイパーですから。

そして監督がジョン・カーペンター。「星からの物体X」や多くのホラー作品を手がけた監督で、プロレスラーを主役に起用した映画を作るってのは意外と言えば意外ですが、ありえると言えばありえるかな。

ストーリーはSFで、地球人に成りすましたエイリアンを掃討すると言う内容で、他のプロレスラーが出演した映画に比べて(映画として)一ひねりありますが、こちらも例外ではなくレスラーゆえの格闘シーンもあります。ただ、プロレスファンから言えば日本マット界ではロディー・パイパーはレスラーとしてはそれほど評価は高くないし、とりわけ肉体美が自慢のレスラーでもありません。

とは言え、「日本では」であって、英語圏では彼の話術が高く評価され、リングでのマイクパフォーマンスやマネージャーも兼業したりで人気を博し、それがこの映画の出演につながったのでしょう。

その後も多くの映画に出演したようですが、残念ながら日本で公開された映画はほとんどなく、この辺も彼の魅力が日本では伝わらなかった証拠かもしれません。

ただし、純粋に映画として楽しめる作品です。明らかにB級映画ですが(笑)。




posted by Elwood at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレスラーが出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

バトルクリーク・ブロー

ジャッキー・チェンの出演した映画。

内容はシカゴを舞台にした格闘技映画で、よくあるマフィアの用心棒同士を戦わせる格闘技大会にジャッキーが出場し、様々な競合や妨害に打ち勝って・・・と言うありきたりのストーリーです。残念ながら(笑)。

このあたりカンフー映画の王道ですが、見た目がごっつい大男がゴロゴロ出てくる映画ではプロレスラーの出演は欠かせません。そしてこの映画の最大の敵役を演じたのはハードボイルド・ハガティ。

1980年の映画ですので、それに出演したハガティも今のプロレスファンにはピンと来ないかもしれませんし、そもそもハガティ自身も国際プロレスに2回来日したくらいなのでかなりの昭和プロレスファンしか分からないかもしれません。しかし、「これぞプロレスラー」と思わせる風貌は、この手の映画には欠かせない存在。

映画自体は・・・まぁ、それなりのものです(笑)。





楽天市場でさがす

posted by Elwood at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレスラーが出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

刑事コロンボ/魔術師の幻想

新たな映画のカテゴリー、「マジックが関わる作品」の第一弾です。

とは言え「映画」のカテゴリーとしておきながらドラマですが、TVドラマシリーズの金字塔とも言える「刑事コロンボ」のエピソードの一つ「魔術師の幻想」を紹介します。

魔術王サンティーニはかつてナチスの親衛隊に所属し、ユダヤ人虐殺に関わった過去があり、その秘密を彼の雇い主に知られ強請られます。もちろん刑事コロンボですから、サンティーニは雇い主を殺害しますが、そのアリバイ作りのトリックにマジックのネタを用います。

このトリックの一つは作中でコロンボも解き明かすものですが、このドラマを最初に見たのはまだ小学生の頃だったかなぁ?控え室にサンティーニが居るように思わせるトリックはすぐに分かり、家族を驚かせたのを良く覚えています。(だからこそ印象に残っている作品でもあります)

そしてこの作品もマジックと種明しがワンセットとなっている作品ですが、種明しを毛嫌いするマジックファンにも好意的に見られる作品だと思います。



楽天市場でさがす

posted by Elwood at 23:37| Comment(1) | TrackBack(1) | マジックが関わる作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。