2009年11月30日

レッドブル

スタローンの作品ばかり続きましたが、今回はアーノルド・シュワルツェネッガーの作品。

これもけっこうメジャーな作品で、モスクワの市警察警務大尉とシカゴ市警のはみだし刑事のコンビが対立しあいながらも犯罪組織を追い詰め、最後は国境を越えた友情が芽生えると言うまたもやあらすじだけを見ると5分でまとめられそうな映画です。

まぁ、繰り返しますがあらすじがチープだからと言って、見る価値がないかというとそうとは一概に言えません。いちおう、オススメの映画ではありますが恒例の出演したプロレスラーですが・・・今回に限りナイショです(笑)。

ヒントですが、あるシーンでちょっとしか出てきませんが、シュワルツェネッガーとの絡みがあります。一時期、日本のリングでも活躍した選手です。私も最初は「あれっ?」って感じでしたが、間違いなくあの選手でした。(逆に「何で?シュワルツェネッガーの映画に出るほどメジャーな選手でもないのに」って感じです)

プロレスファンなら気付くと思いますが。




楽天市場でさがす

posted by Elwood at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレスラーが出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ロッキー3

くどいようですがスタローンの作品です。

私見では回を重ねるごとに駄作になっていく代表格であるメジャーな映画、ロッキーシリーズの3作目。もちろんストーリーは紹介するまでもないんで割愛しますが、内容として主人公のロッキーが有頂天になっている前半と転落から這い上がる後半とに大きく分かれます。

そしてこの作品にはハルク・ホーガンが出演しています。

その出演シーンも説明するまでもありません。スーパースターになったロッキーが、エキジビションとしてプロレスラーと戦うシーンでホーガンが敵役で出てきますが、このシーンがロッキーシリーズの最大の汚点の様に思えます(笑)。

この撮影シーンについては「プロレススーパースター列伝」でも紹介されていますが、これはホーガン側から見たスタローンの役者魂を賞賛したようなもの。この逸話も含めて「予定調和だなぁ・・・」と感じさせる作品です。

総じて前半で描かれたロッキーの有頂天ぶりはロッキーシリーズおよびスタローン自身を表したようにも思え、ある意味ロッキーシリーズの代表作かもしれません。




楽天市場でさがす

タワーレコードでさがす
posted by Elwood at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレスラーが出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

オーバー・ザ・トップ

またもやスタローンの作品。

かなり有名な映画なので紹介するまでもないでしょうが簡単に。これまたハリウッド映画の王道を行く予定調和のストーリーですが、テーマをアームレスリングに絞った点でなかなか面白い作品だと思います。

そしてこの作品にも・・・テリー・ファンクが出演しています(笑)。

この映画が撮影されていた時、全日本プロレスのシリーズにテリーの来日が決定していましたが、この映画出演のために来日が中止になりました。

プロレスファンには残念な知らせでしたが、スタローンのアームレスリングの映画で出演と聞けばどんな内容になるか!?と期待していましたが・・・テリーの出演シーンが・・・。スタローンに放り投げられて窓ガラスを突き破っるシーンのためにシリーズを欠場したの?って思っちゃいました(笑)。

こちらも映画としてはけっこう高評価をして良い作品だと思いますが、プロレスファンとしては「?」な感じ。

ちなみに、アームレスリングのシーンでプロレスラーとしてデビューする前のスコット・ノートンも出演しています。彼の入場曲にこの映画のテーマ曲を使ってるのもそのためです。





楽天市場でさがす
posted by Elwood at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレスラーが出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。